不安が多い留守宅にはしっかりと対策を|管理を任せる

交渉が決め手

初めから仲介手数料無料と看板に掲げている仲介業者も増えていますが、他の業者でも交渉次第で無料になる可能性があります。買うときと借りるときは売れ残り物件に着目すると有利になりやすく、出費がかさむので交渉も行いやすいでしょう。

不在時に便利なサービス

女性

長期の出張など、理由があって家を空けなければならない時に、留守宅をどうするかは大きな問題です。家は、管理する人間がいなければ思わぬほどのスピードで荒れていきます。そもそも、引っ越した後の空き家ではなく、また帰ってくる留守宅ですから、帰ってきた時に生活に支障がある状態では困ります。何より、家財道具はそのままですから、窃盗の被害にあう危険性もあります。留守宅管理は必要なのですが、管理してくれる身内がいない場合や、身内には頼みにくい場合もあります。そんな時には、プロの手を借りるのが最も確実で簡単な方法です。留守宅の管理サービスは、不動産管理会社やセキュリティ会社などが提供しています。基本的には、担当者が定期的に留守宅を訪問し、保守点検や清掃を行うものです。郵便物の転送や災害時の対応を行ってくれたりもします。あらかじめサービス内容が決まったパッケージになっていたり、オプションを色々と選べたりもして、柔軟に状況に対処してくれる会社もあります。選択肢は少なくないので、自身の希望と提供される内容をよく見比べて、最適なサービスを選べます。その他、不在期間が決まっている場合などに、期間限定の賃貸物件として、住人兼管理者に貸す方法もあります。こちらは他者が家を使うことに抵抗のない人向けです。これも仲介業者を利用すれば、トラブルも減らせます。最近増えている、留守宅管理と家賃収入という一石二鳥を狙うことのできる方法です。

多くの住宅を見ましょう

住宅模型
埼玉県内には数多くの不動産が販売されています。新築住宅や中古住宅、注文住宅を建築するための土地など、その種類は様々です。まずは実際に自分の目で多くの不動産を見て、お気に入りの不動産を見つけてから購入しましょう。

宅地開発が活発な地区です

つみき
名東区は名古屋市を構成している一区で、古くから田園地帯の多い地区でした。そのため、不動産開発の歴史は比較的新しく、新しい住民が多くて開放的な雰囲気が強い点が特徴です。地域の需要に合わせた様々な店舗が充実しているので、生活に合う地域を選ぶことが大切です。