不安が多い留守宅にはしっかりと対策を|管理を任せる

交渉が決め手

男の人

買うときと借りるとき

不動産取引を行う際に仲介手数料無料で初めから看板を掲げている仲介業者も増えてきています。しかし、必ずしもそのような業者だけが仲介手数料無料というわけではなく、他の業者であったとしても交渉次第で無料にできる場合があります。仲介手数料は仲介業者にとっての収入源なので、法的に許されている上限額一杯に請求するというのが基本です。しかし、請求しなければならないわけではなく、仲介をした両側から請求できる仕組みになっているので仲介手数料無料とすることに無理があるわけではありません。利益幅が減ってしまうというのが問題にはなりますが、それ以上に契約を締結させることの方が重要という状況になっていれば業者側も妥協してくれるでしょう。買うときと借りるときには特に有利になる可能性があるので交渉を積極的に行うと良いでしょう。売れ残り物件であれば売り手や貸し手が何とかして仲介相手を探して欲しいと要求していることが多いからです。また、買うときや借りるときには費用がかさんでしまうため、金銭的な負担が大きくて契約ができないという話をすることも無理ではありません。交渉を行いやすい状況ができているため、買うときや借りるときには交渉を持ちかけると良いでしょう。ただし、業者によっては売るときや貸すときでも仲介手数料無料で対応してくれる場合があります。無理だと思い込んでしまわずに試しに話を持ちかけてみると対応してくれるかもしれません。